選考結果

facebooktwitter

第39回 2018 – 2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー

2018 - 2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー ボルボ XC40

ボルボ XC40

ボルボ・カー・ジャパン株式会社

授賞理由

日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズで、カジュアルかつスポーティなスタイリングを実現。インテリアは上質な北欧デザインで収納スペースも充実していて機能性も高い。そして走行フィールはスポーティさと快適性をきわめて高いレベルで両立したもので、気持ちよくドライビングを楽しめる。さらに高度な安全装備を全車標準しているところも高く評価した。

2018 – 2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表

  • 1位
  • ボルボ XC40 (ボルボ・カー・ジャパン株式会社)

  • 363点
  • 2位
  • トヨタ カローラ スポーツ (トヨタ自動車株式会社)

  • 314点
  • 3位
  • フォルクスワーゲン ポロ (フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社)

  • 197点
  • 4位
  • トヨタ クラウン (トヨタ自動車株式会社)

  • 170点
  • 5位
  • ミツビシ エクリプス クロス (三菱自動車工業株式会社)

  • 156点
  • 6位
  • マツダ CX-8 (マツダ株式会社)

  • 111点
  • 7位
  • アルファ ロメオ ステルヴィオ (FCAジャパン株式会社)

  • 106点
  • 8位
  • BMW X2 (ビー・エム・ダブリュー株式会社)

  • 47点
  • 9位
  • ホンダ クラリティ PHEV (本田技研工業株式会社)

  • 36点

※ 今年は日本カー・オブ・ザ・イヤーに輸入車が選出されたため、インポートカー・オブ・ザ・イヤーはありません。

2018 - 2019 イノベーション部門賞 ホンダ クラリティ PHEV

ホンダ クラリティ PHEV

本田技研工業株式会社

授賞理由

先進のプラグインハイブリッドシステムをスペースの自由度が少ないセダンというパッケージの中に搭載した。また、100kmを超えるEV走行が可能であり実用性は高く、ドライブフィールも素晴らしい。イノベーションによって次世代高級車のあるべき姿をいち早く実現して見せたことを高く評価した。

2018 - 2019 エモーショナル部門賞 BMW X2

BMW X2

ビー・エム・ダブリュー株式会社

授賞理由

SUVとしての基本的な要件を満たしながら、低い全高でクーぺのようなスタイリングは新鮮であり、また刺激的でもある。走り出せばいかにもBMWらしいハンドリングと軽快によくまわるエンジンにより「駆けぬける歓び」を満喫できる。あらゆる面においてエモーショナルであることを大いに評価した。

2018 - 2019 スモールモビリティ部門賞 ダイハツ ミラ トコット

ダイハツ ミラ トコット

ダイハツ工業株式会社

授賞理由

女性の意見に重きをおいて開発されたというミラ トコットは、結果として女性に媚びることなく、どのようなユーザーにも受け入れられる使いやすいクルマになった。ハイトワゴンが主流の中、全高を抑えた2ボックススタイルは新鮮で、安全装備の充実化と手頃な車両価格を両立している点も評価した。

2018 - 2019 実行委員会特別賞
TOYOTA GAZoo Racing

TOYOTA GAZOO Racing

トヨタ自動車株式会社

授賞理由

2018年6月16日から17日に開催されたFIA世界耐久選手権第2戦となる「第86回ル・マン24時間レース」において、TOYOTA GAZOO Racingの8号車が優勝、さらに2位にも同チームの7号車が入った。圧倒的な強さを見せて、トヨタとして“ル・マン初優勝”を飾ったことを高く評価した。

2018 - 2019 実行委員会特別賞
HONDA N-VAN

HONDA N-VAN

本田技研工業株式会社

授賞理由

商用車なのでイヤーカーのノミネートからは外れたが、助手席側のセンターピラーをなくしたことで実現した大きな開口部、助手席までフルフラットになる室内など、ビジネスユースではもちろん、工夫次第で趣味などに使うパーソナルカーとしての実力も高い。軽自動車の世界を大きく広げた点を評価した。

facebooktwitter